ワキガのクリニックの治療

女性にとってわきがをクリニックの治療の場合度合いによって治療方法が変化します。重度のわきがであれば女性に限らずクリニックの治療の方が根本的に治すことができます。わきがはわき毛の生えている部分のアポクリン腺によるもので軽いものならクリニックでなくても解消できます。また保険が可能になる場合もあるのも金銭的なメリットと言えます。とは言え女性にとってひどいワキガの場合は病院の方が改善する可能性が高いとされます。その理由としてエステと違い病院なので外科的にワキガの元でアポクリン腺の切除ができることが挙げられます。根本的な治療ができる一方で切除の場合傷が残るケースがあるのが問題です。皮膚が茶色くなったり薄くなったり小ジワが出来たり見た目が悪いという見た目の恐れとその傷跡は5センチに渡るので相当匂いがひどいワキガぐらいでないと切除に挑むにはハードルが高いので女性としては悩ましい点となります。そのためワキガの具合とデメリットを知った上で判断することが重要です。しかしワキガのみの問題であれば切除ではなくアポクリン腺にピンポイントに超音波吸引で潰すという方法もあります。この場合保険三割が効くのでお得です。ただし多汗症によるワキガの場合はフォローができないデメリットがあります。

バックナンバー

↑PAGE TOP